ニュースリリース

ホーム > ニュース

2016年10月18日 recruit

注意喚起:ISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性

昨今、サイバー攻撃が相次ぎ、セキュリティ対策への関心が非常に高まっている中、

脆弱性対策は特に重要な対策であり、日々最新の情報を入手し継続的に行う必要があります。

「Sniperシリーズ」は、日々新たに発見される脆弱性に対して、

セキュリティ脅威の動向を考慮しながらユーザーに適したシグネチャの配信を迅速に行っております。

今回はISC BIND 9 サービス運用妨害の脆弱性(CVE-2016-2776)について報告を致します。

詳しくは、下記レポートをご覧いただきますようお願いいたします。

レポートに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

以下の画像をクリックしますと、PDFファイルにてご覧いただけます。

back