ニュースリリース

ホーム > ニュース

2016年06月15日 recruit

大手旅行会社の情報漏えい事件にみる標的型攻撃への分離ソリューションの必要性

2016年6月14日、大手旅行会社において大量の個人情報が流出した恐れがあるとの報道がありました。

標的型メールをきっかけとしてウィルスに感染し、不正アクセスによる情報漏えいの事案であり、

既存のウィルス対策製品や標的型攻撃対策だけでは情報漏えいを防ぎきれない事実が

明らかとなり、重要情報を分離する抜本的なソリューションが必要とされています。

今年3月にリリースしたSecureSoft コンテナでは、個人情報をはじめとする重要情報と

インターネット通信を分離することにより、万が一ウイルスに感染しても重要情報を守ることができます。

今回の情報漏えい事件についての弊社の考察、及びソリューションをご紹介いたします。

詳しくは、下記レポートをご覧いただきますようお願いいたします。

レポートに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。


以下の画像をクリックしますと、PDFファイルにてご覧いただけます。

back