ニュースリリース

ホーム > ニュース

2016年02月05日 recruit

注意喚起:DNSで遠隔操作されるマルウェアの感染

最近、外部との通信にDNSプロトコルを悪用しているというメディアの報道が注目されています。

DNSの特有性を悪用する攻撃からシステムを守るためには、DNSクエリの中にどのような情報が

発生するのか、検知・収集ログから通信内容をリアルタイムで把握し、

今後の対策を早期に立てる必要があります。

詳しくは、下記レポートをご覧いただきますようお願いいたします。

レポートに関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

以下の画像をクリックしますと、PDFファイルにてご覧いただけます。

back