製品情報

ホーム > 製品 > SecureSoft S-コンテナ   機能

SecureSoft S-コンテナ

機能

SecureSoft S-コンテナ

SecureSoft S-コンテナはデータ暗号化、USBメモリなどの外部メディア制御、ファイル持ち込み・持ち出し制御などの情報漏えい対策機能を持っています。

SecureSoft S-コンテナは業務環境全般に適用される情報セキュリティ環境を提供します。

■ファイルシステム領域の分離及び暗号化
SecureSoft S-コンテナではローカル環境のデータ読み込みが可能である一方、全ての作業はコンテナ内のファイルシステムに保存されます。 SecureSoft S-コンテナのファイルシステムは暗号化されるため、ローカル環境からはSecureSoft S-コンテナ内のデータにアクセスできません。
■多様なセキュリティ機能
クリップボード、画面キャプチャ、外部メディア、プリントアウトなどを制御する機能及び選別されたプロセスだけの実行を許可する機能を提供します。
■ファイル持ち込み・持ち出し機能
SecureSoft S-コンテナにローカル環境のファイルを持ち込む必要がある場合や、SecureSoft S-コンテナからローカル環境へファイルを持ち出す必要がある場合は管理者の承認を必要とする「ファイル持ち込み/持ち出し」機能を提供します。

コントロールセンターによる集中管理

■SecureSoft Online Storage(SOS)
SecureSoft S-コンテナの保存容量の拡張やSecureSoft S-コンテナ間の資料提供を可能にするSecureSoft Online Storage(SOS)機能を提供します。SecureSoft Online Storage(SOS)はデータバックアップ用として活用することも可能です。Windowsサーバをコンテナ専用セキュリティ強化モジュールにより実現します。
■ポリシー基盤のPC管理及び履歴管理
SecureSoft Control Center(SCC)を通してユーザ認証及び使用履歴の集中管理が可能です。
■オフラインモード
外出、出張時にSecureSoft Control Center(SCC)へのユーザ認証が取れない場合、ローカル認証のみの“オフラインモード”で使用できます。また、オフラインモードでも情報漏えい防止機能は維持されます。