製品情報

ホーム > 製品 > SecureSoft S-コンテナ   導入イメージ

SecureSoft S-コンテナ

導入イメージ

SecureSoft S-コンテナ

導入イメージ 1

役職員及び外注企業間で安全な資料提供ができる共同作業システム構築

■要求事項
  • ・外注企業による設計図面及び開発情報の漏えい防止
  • ・外注企業の使用している開発プログラムを活用
  • ・オーバーヘッドの最小化
  • ・決裁及び認証システムの連動
■構築内容
  • ・SecureSoft S-コンテナを利用して、外注企業パソコン内の環境を完全分離
  • ・SecureSoft Online Storage(SOS)を利用してファイルを共有
  • ・役職員及び外注企業のユーザ管理
■導入効果
  • ・社内役職員と外注企業間の安全な資料共有及び共同作業システムの構築
  • ・外注企業からの情報漏えいを防止
  • ・使用中のパソコンのリソース及びソフトウェアライセンスをそのまま活用
  • ・外注企業までセキュリティ管理を拡大

導入イメージ 2

社員及び派遣社員に対して営業情報及び顧客情報漏えいを完全にブロック

■要求事項
  • ・営業情報及び顧客情報漏えいをブロック
  • ・社内に常駐する派遣社員による情報漏えい防止
  • ・社内ネットワーク及びサーバネットワークの分離
  • ・管理オーバーヘッドの最小化
■構築内容
  • ・SecureSoft S-コンテナにより社員パソコン内の業務環境を完全分離
  • ・SecureSoft Server Gateway(SSG)により社内ネットワーク及びサーバネットワークを分離
■導入効果
  • ・社員及び派遣社員に対するセキュリティ強化
  • ・個人情報保護法に備えて顧客情報の完全保護
  • ・既存の業務効率を下げることなく生産性がより向上
  • ・既存のVDI環境に比べ大幅にコストダウン