進化するIPSは統合プラットフォームへ SecureSoft Sniper ONE 発表

ニュースリリース

ホーム > ニュース

2017年05月16日 recruit

注意喚起:ランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で猛威

5月12日にイギリスの国民保健サービス (NHS: National Health Service)など世界的な規模でランサムウェア*1による被害が報告されています。特にイギリスでは今回の攻撃によりNHSの一部のサービスが停止に追い込まれ、複数の医療機関で診療ができなくなり、大きな被害が伝えられました。この重大インシデントを始めとして
医療機関に限らず世界中で攻擊が観測され、被害が拡大しています。

今回のランサムウェア「Wanna Cryptor」(別名:WannaCrypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry)は、
アメリカ国家安全保障局(NSA: National Security Agency)から流出したとされる「MS17-010」の脆弱性(CVE-2017-0144)を悪用するエクスプロイト*2を利用していることが特徴です。
結果として、PCやサーバ上のファイルを暗号化して開けなくしたうえで、約300ドルのビットコインの支払いを要求する脅迫文が表示されます。

各メディアによると、イギリス以外にもロシア、ウクライナ等各国での被害が多く報道されています。
すでに日本国内での被害も確認されており、早急な対策が必要となります。

以下の画像をクリックしますと、PDFファイルにてニュースリリースをご覧いただけます。

back